#いつかの明日

社会不適合。底の浅い人間。

#無念無念と叫ぶ声 #とても良い匂い

11月3日・4日・10日と舞台「魔界転生」観てきました。

有名な深川監督版は当時の日本的耽美を集約したような仕上がりでしたが、今回のマキノ氏脚本・堤氏演出の舞台は「大衆的・2.5次元的・TV時代劇的」な仕上がりだったように思います。

まず、上映時間が長丁場である都合上演出に過剰な緩急がつくのはしょうがない。最たるものが前半所々に盛り込まれるギャグシーンかなと…このギャグシーンに大衆みを感じずにはいられませんでした。入りの天草のシーンから一転、柳生家に転換すると笑いが起きるという場面対比によって初めの天草四郎の悲痛さが一層際立つのかなと素人心に思いました。

堤氏がインタビューで言っていたようにプロジェクションマッピングの演出もすさまじく、所々盛り込まれる時代劇らしくない演出と設定にそぐわないセリフに2.5次元みを感じました、が2.5次元というのがすでに一つのジャンルになっているのだと自分の意識に驚きを隠せず。よく、2.5次元的演技と揶揄する頭の固いジジイを拝見しますが2.5次元の最たる特徴って演技ではなく演出なのではないだろうか(小並感)

そして、”全て”が終わり十兵衛が退場する場面は、幼少期頻繁に見た時代劇そのままだったように思います。

この作品がどうとかいう個人の意見はまぁ置いておいて思うのは「深川版とは全く違う」の一言。正直原作を読んでいないので私の中の魔界転生は映画2作品のみ。

イメージも何もあったもんじゃないけれど、深川版が心に深く突き刺さってしまった人間にはとても新鮮な舞台でした。

 

あと万人がいうとは思いますが、松平さんの殺陣を生で見れたのは至福でしたね。

昔からテレビの時代劇で見てた人が目の前にいる!存在してる!と変に興奮いたしました。

 

真面目なのはここまで。

 

ねぇ~十兵衛様超かわいいんだけど。

廓での待ってるシーンとか、柳生の里でのシーンとか逐一かわいい。

殺陣のシーンが本当に格好良すぎてそのギャップにも心打たれる。

あの破天荒なようで、誰よりも状況を客観的に把握し己が為すべき事に一直線な十兵衛様が本当に良くてだな…

彼を取り巻く門下生・魔界衆・身内・仲間とが多彩で一つ一つのシーンが飽きずに楽しめましたよ。

そしてカテコ。最後に登場する十兵衛様。最後に登場するだけあってほかの方たちより踊る時間が短い。短いもののなんだかとてもかわいい。

周囲に遠慮してか手の振りも腰の動きも小さめなのが余計にかわいい。

奇跡的に通路側の座席が取れた時十兵衛様が通り過ぎた時に感じた良い匂い。

幻想か幻覚かと思ったがツイッターで上川さん良い匂いだったという報告が他にもあり、極めつけにカテコ挨拶で丸山氏が「上川さんいい匂い」と言っていらしたのであの匂いは本物だった。集団幻覚とかじゃなかったよかった。

 

 

 

今回観劇して立てた目標は筋トレしようでした。

 

#フリスクとカップヌードル

11月某日 BTTH再演観てきました。

初演や細かい情報を特に頭に入れず、ピュアな状態で見てきましたが一言…

すっごくおもしろかった!!」

わぁ~語彙力の喪失。

とりあえず上演時間がちょうど良かった。飽きずにとにかく集中して観れる時間。

これ以上長い舞台でももちろん集中して観るけれど、最近もう集中力と体力の低下が著しくてねぇ…けれど舞台は観たいなというときにうってつけ!

この感じ…タミフル!!!

 

内容はあらすじ通りなんだけれども細かい時流ネタが面白いのね!

宇宙人との感性の違いとそれに対する両者の突っ込みが面白い絶妙な匙加減(だった気がする)

あれか?ネタが微妙に古いから俯瞰で見れたのもあったんだろうね。

 

これは2も見たかった…(2上演期間休みなく働いていた地方民完全敗北)

円盤に頼るか…

 

#カレンダーイベント #思い起こし

光陰矢の如しとは言ったものでこんなに早く時が過ぎるとは思いもしませんでした。

10月20日 某氏カレンダー発売イベント行きました。

私が遠征するときは、軽く現場の住所を調べて後は野となれ山となれ…

夜行バスを降りてネカフェに避難してから経路等を調べる超ズボラタイプ。

しかし情報がいっぱいある現代なのでとくに困ることもなし。

最悪携帯あれば地図アプリ使えるし…

 

何が言いたいかって、今回のイベント会場よくわからなかったけど、適当に進んでたら過去のイベントグッズ持ったお姉さま方がたくさんいたから余裕だった。

グッズすごい!

構成はトーク30分+2ショチェキ(このとき某氏からのカレンダーお渡し)

トークが30分なので司会者等なし。最近のお仕事やカレンダー撮影時のお話などを半分くらい。残りの時間は質問コーナーでした。

内容はまぁ特筆することもなく、特殊性もなく

あーリファ欲しいな~と思ったくらい。

あともう一つ。某氏ファンとの距離近すぎ。普通に外でファンに声かけるのは…

メンヘラホイホイの某氏は控えたほうがいいと思います。

トーク終わって10分くらいのビデオ上映。カレンダー撮影時の映像。可愛いなぁ…

某氏はこの間にお着換え。

 

2部の衣装は!3部も参加にしておいてよかった!!!と切実に思う衣装。

原型とどめてないし!私だれとチェキとってんの?

そのチェキを後日友人(バンギャ)に見せたところ「白塗り盤のインストかな?」と言われました。(私も思ったー)

異常にナルシストなのも困るけどある程度容姿に頓着もしてほしいなと思いました。

 

今回初めてこういった個人のイベントに参加しましたが、案外楽しいもんですね。

気が付いたらバースデーイベントのチケットも購入してました。

 

あれ?

 

 

 

 

 

#遺留捜査 #S5最終回

遺留捜査s5最終回見ました。

 

s4はところどころ見逃したけれど、今回はきちんとすべてリアタイ組でした。

今回は全体的に好きな雰囲気。

遺留捜査はシーズン毎に描き出される色が違うので楽しい。

s4は「例えどんな人間でも残す想いと、抱く想いはある」という、加害者の優しさを引き出そうとする内容だった気がします。

s5は「すれ違いを埋めるために理想を伝える」という感じだったような気がするかなぁと。

 今シーズンすごく好きで秋のSPもすごく期待。

ずっと思ってたけれど、太田先生に遺留捜査の脚本書いてほしい。

お忙しいだろうけと、局てきには大丈夫だと思うのですごく期待。

 

最終回はまずキャスト的に凄く嬉しくて!

りょんくん!京都!次クールは!科捜研!秀くん!

特撮好きにたまらないバトンタッチ。

流れは定石で…結果は想像に難くないけれど、目が離せない。

特別派手な内容というよりは日常風景の切り取り感がある。

この雰囲気が好きで好きでしょうがない。

 

ところで2015年のSPはいつ円盤化してくれるのだろうか。

実は一番好きかもしれない。

福くんの演技で主人公完全に喰われてたってどっかのコメントで読んだけれど、被害者や加害者に当たるスポットライトの分量が遺留捜査の良いところであり素敵なところなので、そこが2015年SPが一番好きな理由かもしれない。

 

 

box予約しなければ。

 

 

 

 

身辺整理

・財布ほしい

 ケイトスペードのミニ財布欲しい。

 

・来年の手帳

 感想妄想の類をいちいち書き込んでいたので手帳が毎年分厚くなっていた事に今更気づく。今後はその類を別枠記載することでもう来年の手帳は100均のマンスリーのみの物で良いかと思う。

 

・サプリ

 メリロートとハトムギは継続。乾燥による皮むけが非常にきつい状態なのでその辺カバーできそうなサプリ探す。

 

・遠征の持ち物

 コスメ類を何とかしたい。特にベース系がかさばり過ぎる。毎回遠征組なのでどうしてもポーチがかさばる。本当にどうにかしたい。コンタクトケース戦法は中身が漏れるという結果にオワタので負け。

 最近は肉眼と気力でカバーできるので持たない。

 

・体重

 落とせ。

 

・服装

 あきらめてコンサバ一筋にしようかと。量産型のかわいい感じもあこがれるけど私の骨格的に悲惨な結末しかないので、大好きなコンサバ系一筋に絞ろう。そうしよう。

 

・観劇数

 収入に見合った遠征本数にしようと反省。残高やばい。車も買い替えなければいけないのでちょっと収支のバランス考えよう自分。まぁ趣味なんて正気に戻ったら負けなんだけどもさ。正気って何だろう。

 

・推し

 相変わらず推しはいません。見たいと思った舞台を見て、役者+役という見方がベースになると思われる。

 

 

#歌劇伝 #異聞

最遊記歌劇伝-異聞- 千秋楽マチソワしてきました。

ネタばれ含みます。

 

とりあえず、最高。

内容最高。

キャスト最高。

歌最高。

 

当初は月闇目当てで行ったくせに、観劇後には一ノ班のみんなも、ほかの修行僧も教官も待覚大僧正もキャバクラの子もボーイさんもみんな大好きになってました。

なんでブロマイド買わなかったんだろう自分。

というかなぜ一ノ班セットとか、待覚大僧正のブロマイドがなかったんだろう。

あとキャスト発表時にカーネルこと宗迅が居ないので寂しかったのですが、ちょっとでも出てきてくれて嬉しかった。そうだねフライドチキン食べたくなるね。

とりあえず箇条書き

・若い筋肉最高

・ところどころ盛り込まれるパロネタ

・キャバ嬢みんな美人だよ

・玄灰が本当に玄灰で泣きそう

・段々と18歳に見えてくる不思議

・お蝶さん美しい…

・坊主もかっこいい

 

ギャグシーンの入り具合を見てるとうら最思い出す。

 

そしてアンコールのリミックスが最高で、これだけでも良いから曲の配信とシングルリリースしてほしい。いや、普通に全曲入れたアルバムほしいけどさ。

 

一ノ班の若さが新鮮であぁ…今を生きる未来がある若さがこんなにまぶしいとは思わなかった。

月闇のお二人と待覚大僧正が居るおかげでよりその輝きがまぶしくて残酷だなと泣きそうになりました。

そして件の月闇。なんだかすさまじい物を見せられてることは分かる。

でも観劇中はああの二人を見るのに必死で…

 

今必死にアンコール配信を見て正気を保ってます。はい。

もう支離死滅。