#いつかの明日

社会不適合。底の浅い人間。

#遺留捜査 #S5最終回

遺留捜査s5最終回見ました。

 

s4はところどころ見逃したけれど、今回はきちんとすべてリアタイ組でした。

今回は全体的に好きな雰囲気。

遺留捜査はシーズン毎に描き出される色が違うので楽しい。

s4は「例えどんな人間でも残す想いと、抱く想いはある」という、加害者の優しさを引き出そうとする内容だった気がします。

s5は「すれ違いを埋めるために理想を伝える」という感じだったような気がするかなぁと。

 今シーズンすごく好きで秋のSPもすごく期待。

ずっと思ってたけれど、太田先生に遺留捜査の脚本書いてほしい。

お忙しいだろうけと、局てきには大丈夫だと思うのですごく期待。

 

最終回はまずキャスト的に凄く嬉しくて!

りょんくん!京都!次クールは!科捜研!秀くん!

特撮好きにたまらないバトンタッチ。

流れは定石で…結果は想像に難くないけれど、目が離せない。

特別派手な内容というよりは日常風景の切り取り感がある。

この雰囲気が好きで好きでしょうがない。

 

ところで2015年のSPはいつ円盤化してくれるのだろうか。

実は一番好きかもしれない。

福くんの演技で主人公完全に喰われてたってどっかのコメントで読んだけれど、被害者や加害者に当たるスポットライトの分量が遺留捜査の良いところであり素敵なところなので、そこが2015年SPが一番好きな理由かもしれない。

 

 

box予約しなければ。